「漢方に関する情報」の記事一覧

漢方とは

漢方とは

漢方とは、古代中国で発祥し5~ 6世紀頃日本に伝来したとされる中国系伝統医学の総称です。 日本伝来後、その風土や気候、日本人の体質に合わせて独自の発展を続け、特に17世紀頃に体系化され大きく発展し、日本独自の伝統医学とな・・・

漢方の歴史

漢方の歴史

「漢方とは」で簡単に説明しましたが、「漢方」という分類は、江戸時代に日本へ伝来した西洋医学である「蘭方」と区別するために用いられたもので、中国の伝統的医学「中医学」とは異なります。 現代では、この「中医学」と日本固有の「・・・

陰陽

陰陽

陰陽とは、自然会の全てのものを「陰」と「陽」の相対する二つの要素でとらえる古代中国の自然哲学に由来し、 例えば、 地⇔天、月⇔太陽、暗⇔明、夜⇔昼、静⇔動、冷⇔暖などのような二つの相対する要素のことです。 漢方では、陰と・・・

虚実

虚実

虚実(きょじつ)とは漢方の重要な概念で、基本的な体力や体格などの質的な充実を表現する「ものさし」と考えられ、「実証」と「虚証」に分けられます。 実証 体力が充実しすぎた状態。 病毒が体内にあっても精力や体力が抵抗できる状・・・

表裏

陰陽

漢方での「表裏」とは漢方における病態の概念で、病気に対して反応している場所や病気が発症している場所(病位)を示す言葉です。 例えば、風邪などの急性疾患では「病気はからだの外から入ってきて、時間の経過とともに次第にからだの・・・

寒熱

陰陽

寒熱とは、漢方での病気の性質を現す概念で、陰陽のバランスが乱れて起こります。 寒熱は必ずしも体温とは関係がなく、体温を測って平熱よりも高い場合でも漢方的な意味では体が冷えていると判断されることもあります。 全身や手足の冷・・・

五臓

五臓

五臓とは「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五つの機能系のことで、古代中国に端を発する自然哲学の思想「五行説」を身体に応用した考え方です。 現代の西洋医学での臓器名と合わない部分もありますが、もともとこの漢方の五臓の呼称が現・・・

気血水

気血水

「気・血・水」とは、人間の生命エネルギーや体の働きを表す概念で、漢方ではこの3つの要素が体内をバランス良く巡ることで健康を保っていると考えられ、これらが不足したり滞ったり偏ったりすると、不調や病気が起きてくると考えられて・・・

四診

四診

これまで、漢方ではその人の体質や症状を見極めるための「ものさし」として「陰陽(いんよう)」「虚実(きょじつ)」「表裏(ひょうり)」「寒熱(かんねつ)」などがあり、その状態を「証(しょう)」として表現することを説明してきま・・・

漢方と西洋医学の違い

漢方と西洋医学の違い

くるみ薬局は、処方せん調剤と漢方相談を行っていますので、日ごろからみなさまに漢方と西洋医学の違いについて説明しています。 西洋医学は、身体の各部位での病気に対してその部位を治療しますが、漢方は身体はひとつのつながったもの・・・

取扱漢方薬一覧表

漢方とは

一覧にある漢方薬のご購入やお問合せは、フリーダイヤル0120-189-963、または、ご相談フォームからお問い合わせください。 ※一覧表から症状名などで検索する場合、キーボードの Ctrlキー + Fキー で検索窓が表示・・・

咳・ぜんそく

咳・ぜんそくの漢方の考え方

咳・ぜんそくの漢方の考え方 空気が出入りする人間の気道内には、ウイルスや細菌、アレルギーの抗原やほこりなど様々な異物が存在しています。 咳はこうした異物を排除する防衛反応の一つをして考えられています。 咳をすることによっ・・・

目と漢方

目と漢方

目について漢方の考え方 漢方では「目と五臓は密接な関係にある」と考えます。 中医薬書には「肝の疲れは目に出る」「肝は目に穴を開く」という言葉があります。 肝は血(けつ)という栄養物質を貯蔵する役割をもち、目に肝から血を送・・・

このページの先頭へ