「スタッフブログ」の記事一覧

くるみ薬局は「たかやま整形外科」ビルの1階

くるみ薬局は「たかやま整形外科」ビルの1階です。

くるみ薬局は2階が「たかやま整形外科」で、多くの患者様が受診され当薬局に処方箋を持ってこられます。 ところで、みなさんは整形外科ってどういう人が受診するところだと思いますか? 頸椎や腰椎の変形による痛みやしびれの方も多く・・・

咳・ぜんそく

咳・ぜんそくの漢方の考え方

咳・ぜんそくの漢方の考え方 空気が出入りする人間の気道内には、ウイルスや細菌、アレルギーの抗原やほこりなど様々な異物が存在しています。 咳はこうした異物を排除する防衛反応の一つをして考えられています。 咳をすることによっ・・・

加齢黄斑変性症にはルテイン

加齢黄斑変性症

進行すると失明の原因となる「加齢黄斑変性症」日本でも中高年に増加傾向 ここ数年前から重大視されている目の病気「加齢黄斑変性症」は、米国を始め日本国内でも急増している難病です。 加齢黄斑変性症の原因については、まだはっきり・・・

更年期障害と療方調律(漢方薬)

更年期障害と療方調律

やはり、日本は高齢化が進んでいるのでしょう、更年期に関わるご相談は年々増えているように感じています。 更年期とは、西洋医学では急激なホルモン分泌変化が原因といわれています。 また、更年期に関しては漢方もほぼ同様の考え方で・・・

体もこころも温める当帰養血精

体もこころも温める当帰養血精

女性は体もこころも暖めましょう かつての昔、美女のことを 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はゆりの花」 などと、その立居振舞を花に形容しましたが、そういう女性は顔色も白く痩せていて、寒さに弱い虚弱体質タイプでした。 その・・・

当帰養血精の購入層

当帰養血精

今年に入ってもお陰さまで当帰養血精をお飲みになられる方が増えてきています。 では、当帰養血精はどんな方が飲まれているんでしょう? まず、ご愛飲されている方の大半が女性です。 年齢的には30代~40代が一番多く、20代、5・・・

低体温の改善方法

低体温の改善方法

「低体温」と「冷え症」 今回は「低体温」について解説していきます。 その前に「低体温」と「冷え症」の違いについてですが、簡単に言うと、 低体温は、体の中枢の深部体温の温度が低くなること。 冷え症は、手足などの体の末端が実・・・

妊娠の確率アップに必要なことは?

不妊外来2年間で卒業

近年、男性も女性も不妊に悩む方が増えてきていることはご存知だと思います。 原因は人によって違いますが、食生活の変化やストレスなどでホルモンバランスが乱れたり、男性であれば精子にも影響がでています。 また、高齢での妊娠を望・・・

痛みの原因と漢方治療

変形性関節症

痛みの原因は「冷え」「湿気」「筋骨の衰え」 冷えや湿気が関節や腰に侵入し影響を及ぼすと経絡の流れが滞ります。 この状態を「不通則痛」と呼び、血液と栄養物質の巡りが悪くなることによって、痛みやしびれ、だるさというとても辛い・・・

飛蚊症には亜鉛

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)は、年齢的には中高年に起こりやすく目の障害の中で最も多く見られる症状です。 初めて症状が現れたときは心配になって眼科を受診される方もたくさんいらっしゃいますが、ほとんどが病気とは関係がないようです。・・・

イチョウ葉の効用

イチョウ葉の効用

私は現在50代の男性で、くるみ薬局に勤務しています。 小さい時から虚弱体質で中学生頃から頭痛が出始め、この仕事に就いたころには世間でよくいう「頭痛持ち」になっていました。 2~3日に一回は頭痛がやってくるといった感じで頻・・・

不妊症はシンプルに考えましょう

不妊外来2年間で卒業

不妊症に悩む方は年々増加傾向ですが、一方で高度な不妊治療が進んでおり、高齢の方や病気がある方でも妊娠されることも増えています。 改めて、医学の進歩はすごいですね。 しかし、そのかたわら30歳前半くらいで高齢でもなく、特別・・・

逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、強い酸性の胃液や胃で消化される途中の食物が食道に逆流し、食道に留まることで食道が炎症を起こし、粘膜がただれ(びらん)たり粘膜や組織の一部がなくなる潰瘍を生じる病気です。 逆流性食道炎は、日本では女性の高・・・

妊娠期も授乳期にも必要な亜鉛

不妊外来2年間で卒業

亜鉛は、世界的にもですが日本においては摂取不足として厚生労働省が呼びかけをしています。 亜鉛は各臓器や部位に必要なもので、血糖を下げるインスリンや精子を作る材料としても大切なものです。 また、肝臓にも大切なもので肝臓内で・・・

夏になると下痢をする人

便秘の概要

ここ数年、異常気象なのか「毎年猛暑」が続いていますが、今年も暑くなるのでしょうか? 夏は食中毒が多い時期ですが、食中毒と関係なく下痢をする人も多い時期です。 夏になると下痢をしやすいのは、どんな人なのでしょうか? 人間は・・・

このページの先頭へ