「当帰養血精」の記事一覧

当帰養血精 最安値

当帰養血精

当帰養血精(とうきようけつせい)は、気血を補う生薬が多数配合されてますので「血虚」の方に最適で「冷え症」「貧血」「生理痛」「生理不順」「めまい」「のぼぜ」など、女性特有の諸症状に良く効く「当帰(とうき)」が主成分のシロッ・・・

当帰養血精の特徴

当帰

当帰養血精の特徴 当帰養血精は、更年期障害による諸症状、頭痛や肩こり、貧血や腰痛、めまいや腹痛、のぼせや耳鳴り、冷え症や生理痛、生理不順などに効果があり、特に女性に大変人気の高い漢方薬です。 また、最近増加傾向の「不妊症・・・

当帰養血精と類似製剤との比較

比較

「当帰養血精」と類似の製剤とを比較してみました。 当帰養血精 まず、改めて当帰養血精について説明します。 処方中の7割が当帰・血液の健康に 当帰養血精の処方の構成は十全大補湯に似ていますが、生薬配合比の約7割を当帰が占め・・・

当帰養血精の口コミ・体験談

当帰養血精の口コミ・体験談

当帰養血精は特に女性に大変人気の高い漢方薬で、更年期障害による諸症状や頭痛、肩こりや貧血、腰痛やめまい、腹痛やのぼせ、耳鳴りや冷え症、生理痛や生理不順などに効果があり、さらに最近増加傾向の「不妊症」に悩む方々の利用も多く・・・

当帰養血精のQ&A(1)

当帰養血精のQ&A

当帰養血精について、よくある質問と回答を2回にわたってまとめた1回目です。 ※各質問をクリックすると回答がご覧いただけます。 当帰養血精はどのような人に向いていますか? 当帰養血精が合う体質はどのような方ですか? 20代・・・

当帰養血精のQ&A(2)

当帰養血精のQ&A

当帰養血精について、前回に続き「よくある質問と回答」の2回目です。 ※各質問をクリックすると回答がご覧いただけます。 前回購入したものと少し味が違うのですが効果は同じですか? 妊娠中及び、授乳中に服用しても大丈夫ですか。・・・

婦宝当帰膠Bと当帰養血精

婦宝当帰膠Bと当帰養血精の違いについて解説

漢方くるみ薬局では、八ツ目製薬の「当帰養血精」を取り扱っており、多くの女性に人気の高い漢方薬です。 また、女性の悩み、特に不妊と漢方というキーワードで検索すると「婦宝当帰膠」(ふほうとうきこう)(イスクラ産業)という漢方・・・

当帰養血精とご主人の愛情で不妊症克服

当帰養血精とご主人の愛情で不妊症克服

2年ほど前、2012年のお話です。 土曜日の夕方ごろ、「もうそろそろお店を閉めようかな」という時に、若いサラリーマン風の男性が来店されました。 当店に若い男性が来店されるのは珍しく、営業の方かなと思いました。 お話を聞い・・・

当帰養血精は正規販売店で

当帰養血精

当帰養血精(とうきようけつせい)は、不妊に悩む方などを中心に人気の高い漢方薬です。 その当帰養血精とほぼ同じ処方の漢方薬として「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」という製品があり、その違いは主に「流通」であることを「婦宝当・・・

当帰養血精の味が苦手な方

棗参宝(そうじんほう)

当帰養血精は液体のシロップ剤ですが、液体がめんどうな方や味が苦手な方は、カプセルで携帯に便利な 「棗参宝(そうじんほう)」を飲まれる方もいます。 棗参宝は、 黒棗(くろなつめ) 高麗人参 阿膠(あきょう) の3種類の生薬・・・

当帰養血精の購入層

当帰養血精

今年に入ってもお陰さまで当帰養血精をお飲みになられる方が増えてきています。 では、当帰養血精はどんな方が飲まれているんでしょう? まず、ご愛飲されている方の大半が女性です。 年齢的には30代~40代が一番多く、20代、5・・・

体もこころも温める当帰養血精

体もこころも温める当帰養血精

女性は体もこころも暖めましょう かつての昔、美女のことを 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はゆりの花」 などと、その立居振舞を花に形容しましたが、そういう女性は顔色も白く痩せていて、寒さに弱い虚弱体質タイプでした。 その・・・

当帰養血精を初めて飲まれる方へ

当帰養血精

ここ数年、不妊症(自称不妊症も含む)の人口が増加傾向で、それに伴いネット通販などで不妊症対策の健康食品や漢方薬などの商品が売れています。 当薬局でも取り扱う「当帰養血精」もその一つで、インターネットや情報誌、口コミなどで・・・

妊娠への近道は自然な身体作り

妊娠への近道は自然な身体作り

自然な身体作りが妊娠への近道 妊娠は、たった1個の卵子と精子が出会い、結ばれ、そして尊い命が誕生するという神聖で単純な仕組みなのですが・・・ しかし、妊娠に到達するにはいくつものハードルがあり、それを確実に超えていかなけ・・・

このページの先頭へ