不妊症克服・・・その後

さて、前回の相談事例の続きです。

二人目のお子さんがなかなかできずに、ご相談に来られ、漢方薬の扶陽理中と液体のアミノ酸製剤をおすすめして6か月目に無事妊娠されたMさんですが、しばらくして再び来店されたのです。

Mさんの相談内容は、

「元気な赤ちゃんを産みたい!」ということでした。

長女で一人目のお子さんは、1700gの低出生体重児で出産したそうです。

それでも、「スクスクと育ってほしい」と、ご主人も協力して育児に一生懸命がんばっているとのこと。

ところが、大病はしないのですが、やはり体が弱くよく風邪をひき、ひいたら長引きくことが多く入院も何回かしているそうです。

また、腸が弱く食も細いらしいのです。

そんな苦労もあってか、

「これから生まれてくる赤ちゃんも心配になり、なんとか元気な赤ちゃんを産みたい。」

とのことでした。

実は私の子どもも超低出生体重児だったので、その経験などをお話ししました。

そして、お姉ちゃんになるお子さんには、私の子どもも飲んでいる「低分子亜鉛食品」と「漢方薬」をおすすめし、Mさんには、生理不順や冷え症を改善していくときに飲んでいた液体のアミノ酸製剤とお子さんと同じ低分子亜鉛食品を飲んでもらうことにしました。

Mさんは胎児への影響を心配されていましたが、その心配はないことを説明しました。

亜鉛もアミノ酸も生まれた時からある人間の構成成分で、それらが不足することでお母さんの元気な体を作ったり維持することができず、色々な症状や疾患が発症したり赤ちゃんの健康にも影響するのです。

私の知り合いの薬局の奥様が2人目は亜鉛食品を飲んで元気な赤ちゃんを出産したお話などもさせていただきました。

Mさんはよく理解され、お子さんと一緒に頑張って飲んでいくことになりました。

その後、1ヶ月目も2ヶ月目もお子さんと一緒に来店され、継続のために同じ商品をお求めになりました。

時には、ご主人が来店されることもありました。

そして5ヶ月目にMさんが来店されたときでした。

「母体とも順調で、一人目の時と体力が全く違い、尿検査も異常なく毎日気持ちよく過ごせています。」

「長女も3ヶ月目ぐらいから食欲がで出てきてよく食べるようになり体重が少し増えて、一年中ひいていた風邪もここ3ヶ月はひいていないんです。」

「このまま順調にいけたらいいなぁ」

と、ご機嫌な様子でした。

またそれから月日が経ち、珍しくご主人からのお電話でした。

「元気な男の子が生まれました!3120gです!」とお喜びの声でした。

私もお役に立てたことが嬉しかったことを覚えています。

現在もMさんと長女のお子さんは、おすすめした「低分子亜鉛食品」と「漢方薬」を続けられ、赤ちゃん共々ご家族みんな元気にお過ごしです。


相談・質問はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

漢方 相談薬局は大阪の【くるみ薬局】TOP

コメントを残す

このページの先頭へ