生理不順の種類と原因

生理不順の種類と原因

前回の「生理不順の概要」で簡単に解説しましたが、生理不順にはその原因によっていくつかの種類に分かれています。

生理(月経)の周期や期間が定まらない原因の多くは、女性ホルモンのバランスが乱れと考えられますが、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因のこともあり、また放っておくと不妊症の原因となることもあり注意が必要です。

稀発月経

月経の周期は25~38日間のサイクルが正常ですが、月経の第1日目から次の月経が開始する前日までの期間が39日以上90日未満の場合を「稀発(きはつ)月経」といいます。

稀発月経の原因としては、卵巣の働きが不十分でホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。

また、視床下部や下垂体に異常があって排卵がない無排卵周期症の場合と、排卵はあっても時間がかかる排卵性の場合があり、無排卵性の場合は続発性無月経に移行することが多くあります。

頻発月経

月経の第1日目から次の月経が開始する前日までの期間が24日以内のものを「頻発(ひんぱつ)月経」といいます。

頻発月経の原因としては、卵巣の働きが落ちているかストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。

頻発月経には、排卵のない「無排卵周期症」や「卵胞期短縮性頻発月経症」、「黄体機能不全」があります。

無排卵周期症

無排卵周期症とは、月経の様な出血はあるにもかかわらず排卵を伴っていない病態のことで、月経不順や不正出血などがあり、性成熟期では不妊の原因になることがあります。

原因としては、ストレスやダイエットによる体重減少、多囊胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症、甲状腺疾患などがあります。

無排卵周期症が長期に渡る場合は、骨粗鬆症や子宮体がんの発生リスクを高める可能性もあります。

また、思春期や更年期、授乳期の無排卵周期症は生理的なもので治療の対象にならないこともあります。

卵胞期短縮性頻発月経症

卵胞期短縮型頻発月経は、卵胞期が短縮しているために月経が頻繁に起こりますが、治療の必要はほとんどの場合ありません。

原因としては、加齢に伴う卵巣機能の低下により、中枢からの卵巣刺激ホルモンの分泌が上昇することで卵胞の発育が早まり排卵が早く起ることが考えられます。

黄体機能不全

黄体(おうたい)とは、卵巣で卵胞が排卵したあとに変化してつくられる器官で、主に黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌し、受精卵の子宮内膜への着床や妊娠の維持に重要な役割を果たしています。

黄体機能不全による頻発月経は、黄体ホルモンの分泌が不十分となり、排卵日から月経開始までの期間が短くなるため起こります。

黄体ホルモンが不足すると子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産が起こりやすくなることもあります。

過長月経

過長月経とは、月経の期間が長く8日以上続く場合のことですが、月経期間全体の出血量がそれほど多くなければ、特に問題がないケースもあります。

また、月経不順で月経期間が長い場合は、ホルモンの分泌異常が原因の無排卵性月経の場合が多いようです。

その他に、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病気が原因で出血が長く続く場合もありますので注意が必要です。

過多月経

月経の出血量が多くナプキンが1時間ともたないような場合や、レバーのような血のかたまりが多く見られる場合は「過多月経」と考えられます。

原因としては無排卵性月経などがありますが、子宮筋腫や子宮内膜症なども考えられ、この場合は、出血量が少しずつ増えたり月経痛や腰痛などを伴うことが多く見られます。

また、過多月経が続くと貧血を起こしやすいので注意が必要です。

過少月経と過短月経

過少月経とは、月経の出血量が少なくナプキンがほとんど必要ないような状態をいいます。

過少月経は、同時に月経期間が1~2日で終わる「過短月経」である場合が多いようです。

原因としては、子宮の発育不全や子宮内膜の癒着など子宮に異常のある場合や、ホルモンの分泌異常による無排卵性月経や黄体機能不全の場合が考えられます。

過少月経と過短月経を長いあいだ放置すると不妊の原因にもなります。

プレ更年期の月経不順

プレ更年期とは、40代後半から50代半ばまでの更年期の少し前、30代後半~40代前半ばの時期を指し、月経周期が乱れたり経血量が減るなどの更年期と同じような症状が起こることがあります。

早くから更年期のような状態が始まると老化も早くなるため、不足する女性ホルモンを補う治療が必要な場合もあります。


相談・質問はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

漢方 相談薬局は大阪の【くるみ薬局】TOP

このページの先頭へ