中医学的な月経④

前回の続きです。

月経は「天癸・臓腑・気血・経絡」が協力して行う作業でした。

その経絡でも特に月経に関わる脈は衝脈・任脈・督脈・帯脈です。

前回は衝脈・任脈について書いていきましたので、今回は督脈・帯脈について書いていきます。

督脈

経絡には~脈と付きますが、それにはきちんと意味があります。

督脈の督は総督・総括なんかの意味を持っていて、

陽経を監督するのでこの様な名前になっており、陽脈の海とも呼ばれます。

衝脈・任脈・督脈はみな胞中より出ているおり、一源三岐と言われます。

 

督脈の循行は「内経」「難経」の記載によると主幹+3本の支脈があります。

流れ①(主幹):下腹部の内腔→会陰部→脊柱の内部を上行→後頚部に達すると風府穴から脳内に進入し、脳と連絡→頭頂→前頭部の真ん中に沿って鼻柱の下方に達し、齦交穴に至って止まる

流れ②(支脈):衝任脈と共に子宮から起こって会陰部に出る→尾骨尖端で足少陰腎、大腿内側で主幹と合流→一緒に脊柱を貫通し、腎に出て属する

流れ③(支脈):下腹内腔→直上して臍を貫通→心を貫いて上がる→咽喉に達して任脈・衝脈と合流→下顎に上がり、口唇を回って両目の下中央に達する

流れ④(支脈):足の太陽膀胱経と共に目の内̪眦から起こる→前額部を上行して頭頂部で交わり、脳に入って絡まり、後頚部に出る→肩甲骨の内側に沿って脊柱の両側を行く→腰中に達して脊柱両側の筋肉に入り、連絡する

 

督脈の婦人科疾患では、督脈陽虚証が存在します。

督脈陽虚証になると、生殖機能が減退し、宮寒不妊になります。

この状態を表すサインは、

・背脊が冷える

・子宮が冷えた感じがする

・全身冷え

などです。

他にも督脈・衝脈・任脈は大元が同じで密接な関係にあるので、督脈空虚証→衝任虚損に発展する事もあります。

帯脈

帯脈の帯は「腰帯」の意味で、腰と腹の間を横に走行し、腰の全身の縦に行く経脈を束ねます。

一例をあげると、この帯脈が病んでしまう帯脈不固証と言う証があります。

この状態になると、帯脈の束ねる力(約束固摂)が悪くなるので、生殖器系統の病変が表れます。

帯下・子宮脱・滑胎(胎児が下りる)などが表れます。

漢方薬に含まれる生薬には、下の方を固摂するものがあるので、このパターンではそういったものを組み合わせて治していきます。

 

関連記事

  1. 気血水

    気血水

  2. 不妊外来2年間で卒業

    不妊症の概要

  3. 妊娠への近道は自然な身体作り

    妊娠への近道は自然な身体作り

  4. 漢方の歴史

    漢方の歴史

  5. 中医学的な月経について

  6. 中医学的な月経について②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。