婦宝当帰膠Bと当帰養血精

婦宝当帰膠Bと当帰養血精の違いについて解説

漢方くるみ薬局では、八ツ目製薬の「当帰養血精」を取り扱っており、多くの女性に人気の高い漢方薬です。

婦宝当帰膠Bと当帰養血精の違いについて解説

また、女性の悩み、特に不妊と漢方というキーワードで検索すると「婦宝当帰膠」(ふほうとうきこう)(イスクラ産業)という漢方薬をすすめているサイトが表示されることがあります。

実は、「婦宝当帰膠」と「当帰養血精」の処方は同じものなのです。

その違いは製薬メーカーとわずかな添加成分だけです。

そして、もうひとつの違いは「流通」です。

当帰養血精を発売する八ツ目製薬ではインターネットでの販売も可能としていますが、婦宝当帰膠を発売するイスクラ産業では、インターネットでの販売を制限しています。

イスクラ産業がインターネットでの販売を制限する理由は、小売価格の安定だと推測できます。

インターネットでの販売をすると、どうしても価格サービスが過熱して、メーカー希望小売価格は維持されにくくなります。

しかし、インターネットで販売することにより、人気商品はより多く売れることになります。

商品の普及を優先するか、価格維持を優先するか、ここはメーカーの販売戦略の違いですから、良い悪いは言えないでしょう。

ただ、漢方くるみ薬局ではインターネットでも販売できる当帰養血精の方を取り扱っており、みなさまに喜んでいただいております。

当帰養血精と婦宝当帰膠Bの違い

項目
当帰養血精
婦宝当帰膠B
効能効果 更年期障害による次の諸症:
頭痛、肩こり、貧血、腰痛、めまい、腹痛、のぼせ、耳鳴り、冷え症、生理痛、生理不順
更年期障害による下記疾患:
頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症
用法・用量 成人(15歳以上)1日2回、1回4mlを朝夕服用する。 成人(15歳以上)1日2回、1回4mlを朝夕服用する。
容量 300ml 300mlと600mlの2種類
成分分量 成人(15歳以上)1日の服用量8.0ml中に、下記成分及び分量より得た当帰養血精抽出エキス4.8mlを含んでいます。 本品1日量8ml中 、下記成分及び分量を含有します。
婦宝当帰軟工キス 4.3ml
当帰(トウキ) 5.52g 5.52g
地黄(ジオウ) 0.36g 0.36g
芍薬(シャクヤク) 0.36g 0.36g
甘草(カンゾウ) 0.16g 0.16g
阿膠(アキョウ) 0.36g 0.36g
黄耆(オウギ) 0.36g 0.36g
茯苓(ブクリョウ) 0.36g 0.36g
川芎(センキュウ) 0.16g 0.16g
党参(トウジン) 0.36g 0.36g
添加物 添加物として、白糖、安息香酸ナトリウムを含有します。 添加物として、黒砂糖を含有します。

このように、当帰養血精と婦宝当帰膠は同じ漢方薬と考えて良いのですが、当帰養血精には「安息香酸(あんそくこうさん)ナトリウム」を微量含有しています。

安息香酸ナトリウムは、いわゆる「食品保存料」で、人体には全く影響のない範囲で使用されています。


当帰養血精

当帰養血精
  • 【効能効果】
    • 頭痛、肩こり、貧血、腰痛、めまい、腹痛、のぼせ、耳鳴り、冷え症、生理痛、生理不順
  • 【分類】第2類医薬品
  • 【容量】300ml
  • 【価格】6,000円(税抜)
  • 【用量・用法】
    • 成人(15歳以上)1日2回、1回4mlを朝夕服用する。
  • 【発売元】八ッ目製薬株式会社

関連記事

  1. 比較

    当帰養血精と類似製剤との比較

  2. 当帰養血精

    当帰養血精の購入層

  3. 当帰養血精のQ&A

    当帰養血精のQ&A(1)

  4. 当帰養血精の口コミ・体験談

    当帰養血精の口コミ・体験談

  5. 当帰養血精

    当帰養血精を初めて飲まれる方へ

  6. 棗参宝(そうじんほう)

    当帰養血精の味が苦手な方